会社概要問い合わせ特定商取引法上の表記個人情報の取り扱いについて  

 

いんど・いんどシリーズ

mehendiart メヘンディアート
 




パティル・シーマ・長澤著
ISBN4-86103-025-0 C0077 
A4判・並製 定価 本体1800円+税 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


品切れ中


日本に来て15年たちます。インドにいれば小学校の先生、保育園の設立者としての人生だったと思います。ヨーガの道場で出会った、親切さにあふれている日本人の妻になり、気がついたら、ヘナのヘアカラー&トリートメントを指導するようになっていました。この人生で本当に良かったと思っています。

 わたしはメヘンディアートが大好きです。しかし、やってもらうことが好きで、描くことに関しては上手に細かいデザインが描けないので得意ではありません。あまりアートが得意分野ではないので、今までメヘンディアートの本は書きませんでした。しかし、ヘナの頭皮トリートメントに関わる仕事をしているので、メヘンディアートについて数年間資料を集めたり、写真を撮ったりしていました。周りにメヘンディアートを学びたい方も増えました。その希望に合わせて本が必要となり書くことになりました。

デザインの魅力を伝える

 メヘンディアートのデザインとやり方を書いた本なら、インドの本を100冊以上持っています。しかし、それにはそのデザインが語っている意味は書かれていません。アメリカなどで出版された本の方がまだ少し意味について書いてあります。デザインの意味を含めた詳しい本がないということに気づきました。わたしにとってはデザインにある意味が魅力的です。デザインの神秘さと、ポジティブな方向に導かれるということを伝えるのが、この本の役目です。

ヘナを身近な友達として紹介し、心の気付きを与える

 インドのヘナ畑の人はヘナの育て方について詳しいけれど、粉末にすることに関しては詳しく知りません。逆に粉末にする仕事の人は、ヘナの育ち方や使い方に詳しくありません。ヘナを使う人は使うことの工夫や方法をいっぱい知っていますが、他のことは知りません。この現状でヘナの役名を正しく伝えるには、子供の頃から身近にヘナと触れてきたわたしだからこそ書ける文章があることに気づきました。

1951年に書かれたジョゲンドラサクセナさんの本に、ヘナを伝えないとせっかくの伝統がなくなっていくと書かれています。ヘナという植物を正しく紹介することがこの本の役目です。

ヘナの本来の役目を紹介

 ヘナはインドからヨーロッパに伝わったときに、間違ったウソの姿が紹介されました。ヘナにはオレンジ系に染まる色素しかありません。しかし、世界で唯一、染まったら色止めしなくても定着する特徴を持っています。ヘアカラー&トリートメントとして、あたまから元気にする性質を持っています。黒には染まりませんし、色は一時的にしか残りません。ヘナはこのような長所、短所を持っており、人間と同じように得意分野、不得意分野があります。それらを好きになれない人も多いかもしれませんが、化学薬品などの混ざり物をヘナとして使うことは真実から離れています。ヘナの本物の姿を紹介することもこの本の一つの役目だと考えています(著者まえがきより)。


目次より

はじめに   INTRODUCTION

ヘナプロフィール     HISTORY

各国のメヘンディアート WORLD・WIDE

メヘンディアートの描き方 HOW TO APPLY

インドファッション FASHIONS

デザイン DESIGNS

いんど・いんどシリーズ

『インドごはん』
 




香取薫著
ISBN4-86103-027-7 C0077
A判・並製・オールカラー 初版/2005年8月
1800円+税
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【日本人の口にあったインド家庭料理の決定版】。
●日本人が食べて美味しく健康的であること
●スパイスの種類を多く使えば使うほど本格的ではない
●辛いだけがインド料理ではない 

6種類のスパイスで、冷蔵庫にある食材で、だれでも手軽に作れるインドの家庭料理を紹介。蒸し野菜、魚のフライ、お茶漬け、インド風かりんとう、 夏の飲み物など、バラエティ豊かなレシピが満載!


【目次】
基本篇
・まず六種類のスパイスを
・六つのスパイス限定で出来る簡単で美味しい料理
*基本カリフラワーのサブジ
*にんじんのドライサブジ
*ベイガンバラタ
*キャベツのバジ
*カブと枝豆のスープカレー
*オクラとじゃがいものサブジ
*ペパーミント味じゃがいものサブジ
*スカマチリー
*ビンディーバルマ
・効果的に豆を取り入り入れてゆくために
・豆の分類と効果
・インド料理に使われる豆いろいろ
・豆のカレーのレシピいろいろ
*トゥールダール
*キチュリー
*プティフイー
*ほうれん草とムーング芽もやしの炒め物
*チャナ豆カレー
インドの調理器具

応用編
いろいろなスパイスを使ってバラエティ豊かな料理を作ってみましょう
*かぼちゃのサブジ
*インゲンのゴマ味サブジ
*里いものスパイス焼き
*ジャーレビ
*カタ
*ソルティーラッシー
*ポカロとアールーカブンジャリー
*アールーカブンジャリー
*アミラー
*ジャングルマス
*カキカレー和風味
エッセイ1 2

いんど・いんどシリーズ

ヘッドリラクゼーション
   




パティル・シーマ・長澤著
定価1800円+税
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

品切れ中


【目次】

   

いんど・いんどシリーズ

デーヴダース-魅惑のインド』インド版ヨン様純愛悲恋物語
 




シャラッチャンドラ・チョットッパッドヤーイ著/鳥居千代香訳
ISBN4-86103-040-4 C0097
四六判並製 初版/2006年3月 
定価2200円+税
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・朝日新聞本紙(2006年5月6日夕刊2面)に紹介記事・

何十年にもわたって読者や映画ファンを魅了してきたインド版韓流映画の古典『デーヴダース』の本邦初の翻訳。

 「デーヴダース」の名前をあげれば、酒に溺れて、自滅の道へ突き進んでいった憔悴し、厭世的な、恋に悩む男の顔を思い描く。「デーヴダースのメタファー」、つまり、満たされない愛の伝統的・永続的な悲劇的な象徴は今、一世紀の大半の間、読者や映画ファンをとりこにしてきた。そして最近になって再びシャラッチャンドラ・チョットッパッドヤーイの傑作である原作『デーヴダース』についての関心が再燃しているのは、ベンガル語の小説を脚色しサンジャイ・リーラー・バンサーリー(Sanjay Leela Bhansali) が監督した映画のためである。ベンガル語版から英語に翻訳した本書を通して、デーヴダースのメタファーが数世代にわたってインドの人たちを魅了してきた特異性を知るにはちょうどよいときである。

 本質的には、『デーヴダース』の物語はクリシュナ(訳注 [ヒンドゥー神話]ヴィシヌ神の第八化身)とラーダー([ヒンドゥー教]クリシュナ神の愛人)とミーラーの物語を再構成したものである。しかし現実的な登場人物の描写と、この構成に取り入れられる複雑な人間の感情は、寓話的な男女の三角関係からまったく異なる本に形づくられている。デーヴダースについて言えば、デーヴダースはいったい誰なのであろうか。彼は間違いなく、伝統的な恋愛小説にありそうなりっぱで好ましいヒーロー、クリシュナ神の原型ではない。そしてまた、愛で苦しむすべての人の試練や大きな悲しみの擬人化であり、読者がすぐに自分を同一視でき、感情移入できるただの人でも決してない(序文より)。


【目次】
第一章 いたずら
第2章 幼なじみ
第3章 村での子供時代
第4章 カルカッタ
第5章 青春時代
第6章 パーローの求婚
第7章 すれちがい
第8章 結婚
第9章 踊り子
第10章 婚家
第11章 ワイングラス
第12章 約束
第13章 至福の場所
第14章 川の流れ
第15章 天竺菩提樹
第16章 愛のゆくえ

←前のページへ

ページtopへ
 

copyright 2007 shuppannshinsya all right reserved