会社概要問い合わせ特定商取引法上の表記個人情報の取り扱いについて  

 

スピリチュアル・シリーズ

ワンネスを生きる ホワイトブラザーフッドWhite brother hood
   

スピリチュアルシリーズ
ワンネスを生きる
ホワイトブラザーフッドWhite brother hood
ポール・ソロモン著
高橋恵美訳
松本ひろみ監修
四六判・並製
ISBN978-4-86103-072-7-C0014
定価2500円+税
初版/2010年3月

 


  本書は、ホワイトブラザーフッドについて語りながら、古代の密儀のユニークな視点を盛り込んで、人類の霊的な階梯をわかりやすく述べたものである。イエス・キリストのゲッセマネ(イエスが受難の前夜に最後の祈りをささげた園。イスラエル、エルサレムの東のオリーブ山のふもとにある)の体験の秘教的な意味、芸術のもつ深い働き、ヒーリングとは何かなど、ポール・ソロモンの高い見地から語られた他に類を見ないユニークな書となっている。
  霊的な関心が一般に高まるなかにあって知識の追求や、ビジネスになっているもの、手近な幸せ探しや自分探しでお茶を濁すものなどが多く、なかなか真の教え、人間の全体的な成長を追及してゆくものに出会うのが困難な時代である。これに不満をもつ方々に、本著は良き方向を示すものと信じる(あとがきより)。

目 次より

第1章 光のグレート・ブラザーフッドの進展
神は愛する対象を必要とした
一なるものの多数の現れ
ブラザーフッドの誕生
地上における二種類の存在
人間を上昇させるための方法
アダムの五つの表現
神と同調するバイブレーション
何が人間を神から引き離すのか?
彼らは同じ物語を語っている
助けるために下降する「年長の同胞」
第2章 賢者、グレート・ホワイトブラザーフッド
美の寺院
第3章 犠牲の寺院
第4章 イニシエーションの寺院
第5章 惑星ミステリースクール
隠れた世界の発見
人生の学校
松葉摘み
戦闘靴を履いた少女
意識を形作る
アニー・ベサントの物語
トレーニング用の針金
あなたは既に入学している
モップとバケツに気づきなさい

スピリチュアル・シリーズ

あなたの心に幸せの種をまく
 TEAM KAPPAのシャングリラからの伝言
   

TEAM KAPPA編
四六判・並製
定価1500円+税
ISBN978-4-86103-071-C0014
初版/2009年12月


品切れ中


 人は自分の体臭には気づかないものです。これらのメッセージはあなたの心には響かなかったかも知れません。ああ、いい話だなあ。そういうこともあるかもね。信じられない。わたしは絶対にそんなことはない。・・・もしそういう風に思われるのなら、あなたはまだエゴのゲームをやり尽くしていないのです。どうぞ今のまま突き進んでください。他人の中で自分を認めさせるよう精いっぱい頑張ってください。それが一番の近道です。すべての道はワンネスにしか行き着きません。
 人生とは究極のところ人間関係です。あなたの前にいるイヤな人、そこであなたが見るのは、誰にとってもイヤな人間ではなくて、その人のことを嫌いと捉えるあなた自身の姿なのです。あなたに起こることはすべてあなたの心の反映でしかありません。
 かつて、わたくし作郎はアトランティスとの戦いに敗れたレムリアの住民として海の底に沈んでいきました。今回は地球に住む皆さんがわたしが歩んだ道と同じ道をたどらないように、カッパの姿を借りてメッセージを伝えにきました。あなたと出会えて本当によかった。あなたがより良き人生を送られることを心から祈ります。本当にありがとうございました(あなたとの出会いに感謝より。

目次より
                    
Message 1 より良く人生を生きるために       
      ―生きる意味と幸せについてー
Message 2 人生で迷子にならないために       
      ―宇宙はどうしてできたかー
Message 3 人生をきちんと味わうために       
      その1―感情についてー
Message 4 人生をきちんと味わうために       
      その2―人間の本質―
癒しの言霊〜妙なるいのち〜           
Message 5 人生をしっかり歩むために        
      ―過去から未来へー
Message 6 人生を幸せに生きるために        
      ―すべてはワンネスのためにー

Message 7 人生で真に成長するために        
      ―宇宙を知る 自分を知るー
Message 8 人生を自由に生きるために        
      ―さあ、飛びたちましょうー
花のように                    
Message 9 人生を健康に生きるために        
      ―病気の本当の原因―
Message 10 人生を仲良く生きるために       
      ―人類はなぜ争いをやめないのかー
ワンネス〜あなたとわたし〜           
Message 11 賢く人生を生きるために        
      ―子育てと教育―
祈り〜わたしの子供たちへ〜           
Message 12 豊かに人生を生きるために       
      ―あなたは満ち足りているー
幻想                       
Message 13 人生を感謝して生きるために      
      ―出会ってくれてありがとうー
いやしの言霊〜内なる自分からのメッセージ〜    
                    
愛するわが子へ〜神様からのメッセージ〜

スピリチュアル・シリーズ

月の奇跡
  月に呼ばれて撮影した奇跡の写真集
   

河野純子 写真・文/河野秀人 絵
四六変形判
定価1500円+税
ISBN978-4-86103-069-7-C0095
初版/2009年11月
好評発売中




はじめに
「いつの日か……ふっと、月が撮るたびに、形が変化したら、面白いなぁ?」と思ったのです。ある日、自分の部屋にいたら、胸が“ざわざわ”ってして、「月の写真を撮りにいかなきゃ」って……月に呼ばれている気がしたのです。すると、シャッターを押すたびに、月が形を変えて写るのです。私はとても楽しくて、感動しました。それから、私の月の撮影が始まりました。
月の様々な姿を、あなたが感じたまま、楽しくご覧いただけたら、とてもうれしく思います。この本を手にとって下さったあなたに、心から感謝致します。本当にありがとうございます。
河野純子

月光  月がハートになったよ 観音様の祈り

 

スピリチュアル・シリーズ

閃きの物語 Inspiring Stories
   

―シヴァーナンダのインド説話50―
スワーミー・シヴァーナンダ著、信子ナルマダー訳
A5判/並製/写真多数 [定価]2300円+税
978-4-86103-053-6 C0014 
初版/20008年2月
--------------------------------------



二人の遊行僧が聖地に住んでいました。その一人は、出家する前は大層な金持ちでした。出家してからも、彼の子供達は彼が必要な物品等の面倒を進んで見ていました。ですから彼には召使いもいましたし、快適な生活環境がありました。
もう一人の遊行僧は、極度の禁欲生活を送っていました。彼は施しを受けて生活しており、身に纏う衣と水瓶と鹿の皮以外は何も所有していませんでした。とても厳しい生活を送っていました。この貧乏遊行僧は自分の放擲の精神を常々誇り高く思い、金持ち遊行僧を嘲っており、他の出家者や帰依者に会うと、いつも、彼のことをむしろ蔑んで話していました。
「彼は、家住生活を送るには年を取りすぎたと感じたのだろうよ。だから俗世界を捨てた振りをし、遊行僧の形にしがみついているだけさ。まー、彼がふけっている贅沢三昧をよーく見てごらん」
誇りと軽蔑のこの火花は、広がり、正に大火災を起こしてしまったのです。貧乏遊行僧は勝ち誇ったように金持ち遊行僧に近づいていき、放擲に関して説教し、こう言いました。
「放擲には何と素晴らしい力があることだろう! それは、私のような者にとっては真実で、本物であるには違いないがー。あなたが、富と家族を捨てたことは疑いの余地はないけれど、この贅沢な生活はいつお捨てになるのですか?」
「ナーラーヤンさん、いま、捨てましょう! さあ、ウッタルカーシに行きましょう。さあ、さあ!」と、金持ち遊行僧は間髪を入れずに答えました。
貧乏遊行僧はビックリしました。金持ち遊行僧の申し出は、金持ち修行僧の見せかけを証明しようとした貧乏修行僧の誇りと熱望が、いまや何と、彼に従うよう言い渡されたのでした。一〜二マイル歩き村のはずれを離れようとしたとき、貧乏修行僧は急に自分の水瓶と鹿の皮を置いてきてしまったことを思い出したのでした。そして言いました。
「ちょっと待って下さい。私の水瓶と鹿の皮を取ってこなければなりません」金持ち修行僧は満足気に微笑みました。(第16話より)

スピリチュアル・シリーズ

真実への道―ヨーギになった科学者の自叙伝―
   

スワーミ・ヴィラジェーシュワラ著、タントリー美里訳
A5判/並製/定価3500円+税
978-4-86103-052-9 C0014 
初版/20007年9月
--------------------------------------



本当の幸福は、痛みを避けることや楽しみを探すことでも、外側のものによって肉体と心を喜ばせることでもない。眠っている時のように欲望を捨ててマインドと感覚器官を内側に引っ込めてしまうことにある。耐え難い痛みと悲しみが止まっている状態の睡眠は、人生の苦難を確かに癒す。しかし、人は目を覚ました途端に、感覚器官を喜ばすことによって病を引き起こしていることを忘れている。そのようなものがマーヤー(幻想のヴェール)の力、無知の状態である。
その朦朧とした状態から目覚めるまでの幻想の虜になっている間に、何百万回と生を繰り返しながら、何百万回よりさらに多くの苦しみを味わうのである(プロローグ)。

【目次より】
1グル・マントラ/2試練/3夢/4博士号/5ヨーギとの出会い/6クンダリニー/7ヨーガ・キャンプ/8シュールパナカ/9放棄/10久遠のヨーガ寺/11巡礼/
12リシケーシ/13最も小さいものより小さく/14ヒマーラヤ放浪/
15鉄のカーテンの後ろ/16運命の前ぶれ/17見せかけの悟り/18内なる啓示

スピリチュアル・シリーズ

『第三の眼の覚醒』
   

ヴェラ・スタンリー・オールダー著/古川順弘訳
ISBN4-86103-021-8 C0014
四六並製 初版/2005年4月
3000円+税 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
黄金時代【サティァ・ユガ】への道を開示する
本書は秘教の叡智から第三の眼の覚醒、悟りへと至る道を簡潔に叙述した格好の入門書である。
「現代においては、このような書物、つまり誰もが読むことができ、誰もの興味を惹き、より周到でより真摯な探究へと人々を導くような、秘教との架け橋となる書物が求められているのである。本書にはすぐに役立つ方法があふれており、多くの人々の指針となるだろう」(序文 アリス・ベイリー)。




一九五六年に『第三の眼』(The Third Eye)というタイトルの本がロンドンで出版されて世界的大ベストセラーとなり、日本でも翻訳紹介されて話題を呼んだことことがあったが(光文社、一九五七年/講談社、一九七九年)、この本と『第三の眼の覚醒』とは全く関係はない。
『第三の眼』は、イギリス亡命中のチベットの名門ラマ僧「ロブサン・ランパ」なる人物の回想録という触れ込みになっていて、ラマ教の秘奥の修行や秘術の模様などがありありと活写されている。中でも話題を呼んだのは、頭蓋骨に穴をこじ開けて木片を埋め込むことによって特別な霊力を授けるという、「第三の眼」と呼ばれる一種のイニシエイションの場面である。このなかば強引な「生体手術」を施された著者は、以後千里眼的な視力を自在に操ることができるようになったという。いまだ秘境のイメージの強かったチベットに対する憧憬や黒魔術的な怪しげな雰囲気も手伝って、この『第三の眼』はセンセーショナルな話題を巻き起こしたが、しかし、しばらくしてこれらがすべて出鱈目であることが暴露された。著者のロブサン・ランパは実はシリル・ヘンリー・ホプキンズというイギリス人で、彼はチベットはもちろん、それまでただの一度もイギリス本国の外に足を踏み入れたことがなかったのである。結局、この『第三の眼』は陳腐なオカルト本に過ぎなかったわけである。
いずれにしろ、アルダーの論理に従えば、「第三の眼」に象徴される霊力は、宝瓶宮時代に近づきつつある現代においては、もはや特定の宗派や宗教の儀礼によって授けられるものではなく、それはすべての人間に普遍的に潜在しているものであり、個々人の日常における精神的な修養によって顕在しうる、ということになるのだろう(とんぱ4号より)。

スピリチュアル・シリーズ

『愛と恐れ』
   

ポール・ソロモン著/高橋恵美・松本ひろみ共訳
ISBN4-86103-024-2 C0014
四六判並製 初版/2005年5月
2300円+税
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ポール・ソロモンのメッセージ集。
<私たちは選択を迫られている>。私たちの選択とは”苦しみ、痛み”なのか、それとも”喜び、愛、生命、笑い”のどちらかである・・・。
愛を完全に表している一握りの光の息子たちがいるとしたら何が起きるだろうか?想像もつかないかもしれないが、しかし、この地球上にそのような人間が一人いるなら何が起きるかについては知っている。彼自身が存在するだけで歴史のコースを完全に変えてしまった人である。それなら今100人のキリストがいるならどうなるだろうか?(本文より)。




【目次】

第一章 ただ一つの力だけが真実である
第二章 恐れとは何か
第三章 愛とは違うもの
第四章 偉大な陰謀
第五章 愛とは何か?
第六章 ハルマゲドン!

 

スピリチュアル・シリーズ

『こころの癒し―スピリチュアル・ヒーリング―
医師、科学者、セラピストによる未来医療への架け橋』
   

工学博士・奥 健夫監修(原子核工学専攻)監修
ISBN4-86103-046-3 C0077
A判並製
初版/2006年12月 2200円+税
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
医師ら16名によるスピリチュアル・ヒーリングの臨床と未来医療への展望
●執筆者●
高津尚子・医師/六浦裕美・医師/西本真司・医師/高松佐和子・医師/喜田圭一郎・音楽療法/辻内琢也・音楽療法/所れい・セラピスト/深尾篤嗣・医師/藤見幸雄・臨床心理士/小池弘人・医師/Susan Jamieson・医師/奥 健夫・工学博士(原子核工学専攻)/藤田依久子・カウンセラー/間山真美子・医師/印藤裕夫・鍼灸師/Kathleen Wesa・医師



【目次】

・ こころの旅人たち 

癒しのネットワーク 高津尚子 
1.診療内科医誕生/2.汝自身を癒せ/3.南大阪女医ネット/4.アロマセラピーとの出会い/5.「一緒に治しましょう」/6.親友の旅立ち/7.不思議なつながり/8.癒しのネットワークへ/9.「妖しい町医者」

こころの旅 六浦裕美
1.内なる癒し力/2.「こころの旅」のグループ・ワーク/3.「こころの旅」の体験者/4.「旅」のおわりに

スピリチュアル・ケアー 西本真司
1.「せっちゃん」の旅立ち/2.女性患者さんからのメッセージ/3.昭和の曙4.「鎮魂帰神法」と外気功/5.クオンタム・ゼイロイドシステム/6.クモ膜下出血のメッセージ/7.乳癌ステージ・からの生還を目指して/8.私のスピリチュアル・ヒーリング

大いなるものとの繋がり 高松佐和子
1.祈りの瞑想/2.真なる癒し/3.サトル・アナトミー(微細解剖学)/4.七つのヒーリングの原理/5.ハイヤーセルフと繋がる/6.大いなるものと繋がる

・ こころの音楽療法 

スピリチュアルなサウンドヒーリングに向けて 喜田圭一郎
1.心音の安らぎ/2.サウンドヒーリング/3.自然治癒への転機-ネフローゼ腎炎/4.体感音響に出会う/5.野口整体と自分への気づき/6.体感音響会社の設立/7./「KITAサウンドヒーリングメソッド」スタート

即興音楽療法という癒しの交感 辻内琢也
1.スピリチュアル・ヒーリングとは/2.心身医療としての音楽療法/3.即興音楽療法セッション/4.即興演奏をめぐる語り/5.即興音楽療法/6.至高体験としての即興セッション/7.即興演奏を可能にするには

ヒーリングハープによる癒しと覚醒 所れい
1.神話から始まるハープの歴史/2.ミュージック・プラクティショナー/
3.ヒーリングハープによるスピリチュアル・ヒーリング/4.ヒーリングハープの演奏法/5.ヒーリングハープの可能性

・ こころの医学 

心身医学からレインボー・メディスンへ  深尾篤嗣・藤見幸雄
1.心身医学と医療モデルの変遷/2.プロセス指向心理学/3.因果性と共時性―二種類の心身相関/4.実際の症例/5.症例の考案/6.二種類の心身相関の比較/7.日本の心身医学の独自性

「ルルドの奇跡」から思うスピリチュアル・ヒーリング/小池弘人・医師
1.ルルドの大いなる奇跡/2.奇跡認定医・パトリック・テリエ先生/3.「ルルド」の時間的・空間的スピリチュアル・ヒーリング/4.代替医療の空間的スピリチュアル・ヒーリング/5.代替医療の時間的スピリチュアル・ヒーリング/6.日常生活のセルフケア/7.セルフケアから森林療法へ/8.身体と精神の統合モデル・テンセグリティー/9.スピリチュアル・ヒーリングの原型

ハートと感情と情報物質 スーザン・ジェイムスン  奥健夫訳
1.心臓病と心理的因子/2.心臓から伝達される信号/3.ハートのエネルギー場4.感情と情報物質/5.免疫システム/6.記憶/7.ヒーリング

真の健康の実現にむかって 藤田依久子
1.スピリチュアルヘルスとメンタルヘルス/2.高度の認識能力「スピリチュアリティ」/3.医療における記述的診断の問題点/4.精神神経免疫学/5.全体と部分・全人的思考へ/6.からだの智恵

心から統合医療へ 間山真美子
1.身体に与える心の影響/2.西洋医学的アプローチ/3.統合医療的アプローチ4.統合医療に向けて

日本の伝統医療における霊的治療の系譜 印藤裕雄
1.日本とオーストラリアのメンタリティの違い/2.医療の起源と霊的治療/
3.日本列島における霊的治療の系統について/4.霊的治療の未来・霊的医学に向けて

チベット医学とスピリチュアリティー キャサリン・ウェサ 奥健夫訳 
1.チベット医学の真髄/2.依存症のための治療モデル/3.十二ステッププログラム/4.スピリチュアリティー研究の困難さ/5.仏教と四聖諦/6.仏教と十二ステップ/7.チベット医学の生命観と依存症治療/8.チベット仏教と認知行動療法/9.ルン(風素)のコントロール

ホログラムからみた意識と生命 奥健夫
1.複雑系原子配列調和物質/2.意識・生命エネルギーの波動モデル/3.ホログラフィック原理による意識・生命モデル/4.第三世代医療/5.非局在医療の検証/6.情報変換と医療モデル/7.非局在医療と共時性

←前ページへ

ページtopへ
 

copyright 2007 shuppannshinsya all right reserved