会社概要特定商取引法上の表記個人情報の取り扱いについて  



■新刊一覧

○スピリチュアルシリーズ ドルイドのアニマル・オラクルnew
○カバラシリーズ カバラの知恵new
○いんど・いんどシリーズ 五〇年の経験を本音で語る巨象インドの真実new

スピリチュアル・シリーズ

ドルイドのアニマル・オラクル
   

スピリチュアルシリーズ
スピリチュアルシリーズ
ドルイドのアニマル・オラクル
TheDruid Animal Oracle
ドルイドが継承する神聖な動物との一体化
フィリップ・カーゴム & ステファニー・カーゴム著
ビル・ワーズィングトン 絵
梅坪 弥代 訳
ISBN978-4-86103-111-3 C2076
初版/2017年7月11日

この動物カード一式を注意深く見るとわかるように、一枚一枚があなたに呼びかける。いくつか異界からのみ呼びかける。現在のスコットランド、イングランド、ウェールズの三地方から成るグレートブリテンでは、熊や狼、鶴や猪のゴーストが、戻ることを切望しながら丘を放浪している。彼らの叫び、そしてドルイドリーの呼びかけは、過去からではなく、未来からの叫びである。「まだ希望がある」と、私達が全ての創造物と協調することを熱心に説く声である。私達の行う自然破壊の狂気は動植物からの孤立であり、それを止める声。全ての自然を支配しているという錯覚の結果、私達が悩まされながら生き延びていることを知らせる声。石や樹、鳥や虫、魚や動物全ては私達の親族であり、彼らとのいっそうの結束を呼びかける声。この声を受けとめ、力を合わせることで、私達は再び生き始めることができるだろう(序章より)。

目次より

序章 営みの終わりと生き残りの始まり
   シャーマニズムと動物の持つパワー
第一章 オラクル(啓示)
    輝く知識 ドルイドのアニマル・オラクル
第二章 ドルイド伝統の神聖な動物
クロウタドリ/雌鹿/(成熟した)雄鹿/熊/狐/猪/鷹/犬/ふくろう/猫/鶴/蛙/ワタリガラス/白鳥/狼/クサリヘビ/鷲/雌ブタ/(去勢されていない)雄牛/(野生の)ガン・(家禽の)ガチョウ/(去勢されていない)雄羊/野ウサギ/鮭/蜂/カワウソ/雌牛/馬/ミソサザイ/ウォーター・ドラゴン/アース・ドラゴン/エア・ドラゴン/ファイヤー・ドラゴン/アザラシ
第三章 カードの使い方
神聖な空間──ドルイド・サークル カードをシャッフルする
三相一体スプレッド 神聖な動物が私達に力を与える

閲覧する

カバラシリーズ カバラの知恵

どうやって自分の人生をつくるか
   

カバラシリーズ カバラの知恵
どうやって自分の人生をつくるか
松本ひろみ著
初版/2017年4月1日
定価2,000円+税
ISBN978-4-86103-110-6 C0014

カバラでは「自分の人生は自分自身でつくっている」と教えます。つまりよい出来事も嫌な出来事も自分自身が引き起こしているということになります。嫌な出来事まで自分で引き起こしているとはショックですがそれが事実なのです。では自分の望むように自在に自分の人生を造っていくには、どうしたらよいのでしょうか。カバラには、そのためのノウハウがたくさんあります(はじめより)。
目次より

第1章 人生と自分自身について知りましょう
満足できない原因を探る/価値ある生き方を探して/結婚の意味/本当にやりたいことは何か/星占学につい──入門編/あなたはどこにいるのか/女は3回生まれ変わる/カバラとは/生命の木とは/セフィラについて
第2章 力強く現実を進んでいく力をつけましょう
目標に向かうために/問題を的確につかむ/決断するために/私たちを支える日本の霊性

閲覧する

いんど・いんどシリーズ

五〇年の経験を本音で語る 巨象インドの真実
   

元在ムンバイ日本総領事 武藤友治著
初版/2017年9月30日
定価1,800円+税 ISBN978-4-86103-113-7 C0030

私のインドとの付き合いは、終戦後に大阪外国語大学(現大阪大学)でヒンディー語を学んだのに始まり、その後、インド専門の外交官として四十年間外務省の世話になり、定年退職後も、さくら総合研究所やマサチューセッツ工科大学(MIT)でインド研究に携わるなどして、現在に至っている。
従って、私とインドのかかわりは、半世紀をはるかに越す長きに及ぶということになる。
 その間、社会主義体制から経済自由化へと変革しつづけるインドは、ことあるごとに異なる姿を私の前に見せ、その結果、インドの問題を考える度に、「毎日が発見」の思いを抱かせられるのが常であった。
 言い換えれば、私はインドのことを考える際にいつも好奇心につい駆られ、終着駅の見えない鉄路を走る列車に身を任せ、インドという荒野を延々と突き走る思いをさせられるのが、いつものことであった。
 そんなインドに関し、私が思いつくまま、気が向くままにエッセーを書き始めてもうかれこれ二十年になり、その間に書き上げたエッセーの数も三百編の多きに達しており、今も「わが青春のインド」としてエッセーを書き続けている(まえがきより)。
目次より

第一話 日本とインド繋ぐ地下水脈
在印日本人抑留地「プラーナー・キーラー」
賠償権の放棄─日印平和条約第六条
第二話 変わるインド、変わらないインド
ナショナリズムの原点セポイの反乱
印中戦争
第三話 インドの少数民族
先住民ウオリー
滅びゆくアングロ・インディアンの世界
第四話 追憶の日々
ガンディー暗殺の地ディース・ジャンワリー・マルグ
雑感「インド英語について」
第五話 忘れ得ぬ人々
ネルー首相
タタ財閥の総帥ラタン・タタ会長
第六話 チャンドラ・ボース
チョードリー女史との対談
ボース「墜落死」文書公開へ

閲覧する


アーユルヴェーダ叢書 決定版アーユルヴェーダのアンチエイジング─すぐに試せるアーユルヴェーダ養生法─

アーユルヴェーダ医師 ・医学博士
クリシュナU.K. 著
ISBN978-4-86103-109-0 C0014
   A版並製 初版第1刷/2016年9月 初版第1刷
定価2000円+税

商品コード: A000000117
価格2,160円 (税込)
送料: 詳細表示

アーユルヴェーダの叡智を活かしたアンチエイジング(ラサーヤナ)の方法を、アーユルヴェーダ基礎理論を織り交ぜながらご紹介していきます。そして、それらを私たち現代人がどのように生活の中に取り入れれば、より健康に長生きできるという結果を手に入れられるのか? ということもお話しできればと思います。」(はじめより)

目次より
第1章 アーユルヴェーダのアンチエイジングとは
第2章 アンチエイジングのための養生法
第3章 アンチエイジングのための薬草と食物
第4章 アンチエイジングのための三大薬草
第5章 その不調、老化現象かも?
第6章 アーユルヴェーダの施術
第7章 アーユルヴェーダ関連情報

閲覧する

ページtopへ
 

copyright 2007 shuppannshinsya all right reserved