会社概要問い合わせ特定商取引法上の表記個人情報の取り扱いについて  

 

アーユルヴェーダ叢書

増補改訂新版『なぜ人は病気になるのか』
−アーユルヴェーダで超える健康と病気−
   

上馬塲和夫著
ISBN978-4-86103-526-5 C0014  
四六上製 初版第1刷1994年7月 増補改訂新版4刷/2008年1月
3800円+税
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現役の医師によるアーユルヴェーダの啓蒙・実践の教科書。多数の図版を交えて、日本の実状に即したアーユルヴェーダの自然に沿った生活の仕方をやさしく解説。
トリドーシャ理論、病気の意味論をはじめ、スロータス、マルマ、自己脈診、オイルマッサージ、ハーブ療法、さらに台所を薬局に変えるキッチン・ファーマシーなどを収録。



【目次】
第一章 病気の意味論
第二章 アーユルヴェーダとは
第三章 アーユルヴェーダの診断法
第四章 アーユルヴェーダの治療
第五章 アーユルヴェーダで暮らす
第六章 アーユルヴェーダのハーブ療法
第七章 台所を薬局に変えるアーユルヴェーダ
第八章 あらゆる人のためのアーユルヴェーダ
第九章 老いと死について
第十章 日本におけるアーユルヴェーダ治療のあり方への提言


  
第一章 病気の意味論
第一節 病気の逆説的考察−病気への感謝がもたらす癌の自然退縮
第二節 なぜ人は病気になるのか−真の原因となるメタフィジカルな意志
第三節 健康と病気の一元論−現象的二元論から本源的一元論へ

第二章 アーユルヴェーダとは
第一節 アーユルヴェーダの目的−ヘルスを超えてウエルネスを
第二節 最先端科学を先取りするアーユルヴェーダ
第三節 生と死を包括する生命観

(第四節 略)

第三章 アーユルヴェーダの診断法
第一節 「気づき」を促す自己評価法
第二節 自己脈診による「気づき」

第四章 アーユルヴェーダの治療
第一節 包括的で浄化を重んじる治療
第二節 代表的な浄化療法−パンチャカルマ
第三節 スロータスとマルマ−インドの「経絡・経穴」理論

(第四節 略)

第五章 アーユルヴェーダで暮らす
第一節 日常生活の科学−気づきを高め、自分らしさを生きるために
第二節 アーユルヴェーダの季節の過ごし方
第三節 アーユルヴェーダの食事法−アーユルヴェーダにおける医食同源

(第四〜九節 略)

第六章 アーユルヴェーダのハーブ療法
第一節 西洋薬や民間薬まで説明するアーユルヴェーダの理論
第二節 ハーブの作用の包括的な捉え方
第三節 インドの代表的ハーブ

(第四節 略)

第七章 台所を薬局に変えるアーユルヴェーダ
第一節 あらゆる植物が薬になる−植物のもつ可能性
第二節 台所薬局(キッチン・ファーマシー)の実践1−スパイス、ハーブ
第三節 台所薬局(キッチン・ファーマシー)の実践2−野菜、果物

第八章 あらゆる人のためのアーユルヴェーダ
第一節 ビジネスマンのためのアーユルヴェーダ
第二節 シルバーエイジのためのアーユルヴェーダ
第三節 小児のためのアーユルヴェーダ

(第四〜五節 略)

第九章 老いと死について老いと死を超えるアムリタの思想
第一節 さて死ぬかの境地
第二節 今を大切に生きる一過去、現在、未来は一つ
第三節 健康と病気、生と死を超えて

第十章 日本におけるアーユルヴェーダ診療のあり方への提言
第一節 真の癒しへの道
第二節 アーユルヴェーダ診療のあり方への提言

(目次項目より<抜粋>)

 
ページtopへ
 

copyright 2007 shuppannshinsya all right reserved