会社概要問い合わせ特定商取引法上の表記個人情報の取り扱いについて  

 

スピリチュアル・シリーズ

あなたの心に幸せの種をまく
TEAM KAPPAのシャングリラからの伝言
   

 
“真の豊かさとは何か?”
 現在日本に限らず世界的規模で経済不況だといわれますが、果たして本当にそうでしょうか?日本やアメリカで餓死者が頻発していますか?本当に貧困な国は他にあるでしょう。そもそも不景気というのは好景気に対して使われる言葉であり、今の不景気は何と比べているのでしょう?バブルの頃ですか?あんな頃と比べればいつだって不景気になりますよ。そもそも基準となる平均的な景気というのはあるのでしょうか?答えは絶対的な景気の基準などないのです。では、いったい豊かであるとはどういうことなのしょうか?
 衣食住が足りて、貯金が数千万円あれば豊かでしょうか?これはTEAM KAPPAのオサム君
が以前に言っていたことなのですが、彼はそれなりの職業についているものの、明日突然持っている財産をすべて失って家族5人が路頭に迷ったとしても、幸せに生きていく圧倒的な自信があるそうです。それは幸せとは何かというのを本当に理解していれば至極当然の話で、自分の周りの状況というのは幸せとは全く関係ないのですね。寝るのなんかどこででも寝られる、食べ物なんかコンビニのゴミ箱をあされば何かある、というより人間食べなくっても生きていけることを知っている、であれば毎日起こることを思いっきり楽しめばそれでいいじゃん、路頭に迷っても人生には迷わないよ、ということらしいです。う〜ん、わたしのリーダーの座危うしですねえ。

“足りないという幻想”
 豊かであるとは、満ち足りているということであり、不足することがないということです。これはお金に関しても同じでして、貯金の有無は関係ないのです。必要な時に必要な分が手に入るならそれが豊かさでしょう。お金もエネルギーの一つなので、エネルギーというのはその特質として停滞するのを嫌います。流れないとダメなのですよ。停滞しますとね、体に例えるならそこがうっ血状態になり熱を持ちだします。それが全身の健康のために良いわけないですよね。貯金が悪いと言っているわけではないのでして、実際問題多少の貯金はあっってもいいと思います。ところがエネルギーとしてのお金の本質を理解せずに、恐怖心からそれを手放さなかったり、どんどん貯めようとすると問題を起こします。皆さん方の感覚では誰かが貯めると、誰かが不足するわけですよね。貯める人間がそれを十分わかっているにもかかわらず、そうするということは自分だけ良ければいいというエゴですね。宇宙の基本原理であるワンネスから遠ざかれば遠ざかるほど悪循環を生みます。貧富の差が大きくなり、かつ富める者も貧する者も益々不幸になります。人類全体として分離感を増大し、そして誰一
人幸せにならないという事態を引き起こします。ていうか、今がそうなんですけど。

“金のなる木”
 この宇宙にはあなたのために必要なものはすべて揃えられています。もし手に入らないのなら、それはあなたが無意識のうちに受け取りを拒否しているのです。あなたはお金を儲けるのは悪いことだと心のどこかで思っていませんか?人のためになることでお金を稼ぐのは良くないことで、そうでないならいくらお金をもらってもいいと考えていませんか?もしそうなら、あなたにはお金はやってきません。
 あなたはある日、街で本当に貧している人を見ました。あなたには財布に残っている千円札一枚が全財産です。でも、あなたが見た人はその千円をもらえればとりあえず当分は生活できそうです。あなたに、そうするだけの勇気がありますか?これがすべてなのですよ。あなたが、「今持っているお金を手放せば、明日から自分はどうなるのだろう?今月の支払いはどうなるだろう?」などと色々と不安にかられてそのお金に執着すると、確かにそのお金はあなたのお金であり続けますが次の展開には決していかないのです。もしあなたがそのお金を手放せば(無駄遣いってのはダメですよ)エネルギーは流れるのです、それも高い方から低い方に。必ずあなたの元に手放した額より多額の必要とするだけのお金が舞い込んできます。それも予想もしない形で。宇宙というのはね、絶対にあなたが予想するような形では希望を叶えなくって、なぜか絶対に驚かすようなことをするのです。これって豊かじゃないですか?お金もこころも。「金のなる木」とは「金のなる気」であり、あなたが宇宙の原理原則に従えば「このお金どこから出てきたの?」という感じで幸運を手にするでしょう。

“新しい未来の経済予測”
 おそらくかなり近い将来に、世界の経済は大きく変化します。最終的には富の再配分というのが行われます。もし今、世界中にあるあらゆるお金や財産と呼ばれるものを地球に住むすべての人間に均等に再配分したらどうなると思いますか?あなたはその時おそらく何億というお金を手にしますが、それからどうします?家も土地も手に入れました。一生暮らせるだけのお金もあります。さあ、これからどうやって生きていきましょう?まだ今の仕事を続けますか、それとも転職するかあるいは仕事なんかやめちゃいます?
 もし地球上のみんながお金を今の自分に必要なだけ取り、それ以外はその時必要としている人に流してあげるということをするとどうなるでしょう?あなたがお金を必要とする時には、その分がどこからか与えられるのです。お金の呪縛から解き放たれた時に人類はどういう行動をとるでしょう?
 こんなもの答えは決まり切っていて、物質的に満足した人間が次にとる行動は、困っている人を助けることです。ここで困っている人とは物質的なこと以外で助けを必要としている人のことです。この時人は何か他人の役に立ちたいと必ず考えるのですよ。その中で自分が成長していきたいと願うようになるのです。

“人類の再挑戦”
 おそらくこれを読んだほとんどの人がそんな経済になんかなるはずがないと思われるでしょう。こればかりは、皆さんがどのように考えられようが確実に近い将来に変革していきます。ですから、現在金融関係の仕事をしている方や人間の不安感に基づいた仕事(保険会社のことですが)をしている方には、経済がそのように変わった時に自分がどうするか今から考えておいた方が良いと忠告しておきましょう。今ある経済的な価値観は根底から覆されますのでね。
 ここでは経済の話をしましたが今後地球規模であらゆることが変化していきます。
 今回だけは現代文明はかつてアトランティスやレムリアがそうであったように海の藻屑と消えるわけにはいかないのです。なぜなら地球の次元上昇が宇宙全体にとって必要不可欠であるからで、皆さんはお気づきにならないでしょうが今地球には宇宙のあらゆる所から霊的な支援が行われています。

“勇気をもって”
 皆さん方人間には、実は見えないだけで、この世界で自由にはばたける羽がついているのです。でも今いる崖の頂上から思いきって飛び出さないと羽はその威力を発揮しようがありません。現状でい続けたければ、そうしてください。今の安全な状態が保障されますし、落ちることだってないでしょう。でもただそれだけです。勇気を出して飛び出してみれば、「うわぁ、こんな世界があったんだ!!」という光景が眼下に広がります。さあ、どちらを選択します?

 
ページtopへ
←元のページに戻る

copyright 2007 shuppannshinsya all right reserved